続きはFacebookで!

報告者:TJ

ほとんど更新もなく、すっかり看板倒れの人柱隊です。
チャレンジ精神を失い、どなたかが「これは良い!」といった製品を後追いで買っている情けない3人です。

さてそんな情けない三人がまたちょっと毛色の変わったことをやってみようと云うことで、最近は話題のFacebookを始めています。

Facebookは簡単にアップできるシステムが素晴らしい。出来ることに制約はあるのですが、使いやすさが不満を補ってあまりあるというところです。

ということでシステムをWordPressベースのブログからFacebookに変更して何をやるかというと

1.海外発モバイル&PC関連ニュースからをこれはと思うニュースを速報的にピックアップ

メンバー3人ともそれなりに海外が長く英語もそこそこ読めるので英語サイトから直接ニュースをピックアップします。
そしてこれが大事なのですが、年をとってきてどんどん早く目が覚めてしまうのがアメリカのニュース発信時間と同期するというメリット!

2.中国・香港を中心としたアジアのニュースをピックアップ

やはり身の回りのことはよくわかる。日本にはない世界の端末が入手しやすい香港、世界の工場である中国、という面白い地域に住んでいるメリットを生かし周囲で見聞きした情報を発信します。

情報発信しているのは下記のFacebookページです。

http://www.facebook.com/hitobashira

Facebookアカウントをお持ちでない方も、ここに行けば上の趣旨に沿ったニュースを見て頂けます。
Facebookアカウントをお持ちの方は、上記ページに入って、タイトルの横にある「いいね」ボタンを押して頂くと、それからはご自身のウォールに人柱隊のピックアップしたニュースがリアルタイムで入ってきます。

よかったらおつきあい下さい。

時間の流れがゆっくりのセブ島でGalaxy Proを買う。

報告者:アクセスバスター

1998年頃、フィリピンに魅力を感じ、CEBU島に会社を設立した。その会社が現在まで、生きながらえているのは、唯一、フィリピンの会社なのに、フィリピンらしくないサービスを行っているからだ。現在、そこの会社はフィリピン人の社長で、日本人は一人もいない。この現地人の社長は、香港駐在の経験があり、セブ島に帰った今も、日本人が何を求めているかを身に染みて、理解している数少ないフィリピン人なのだ。こういうトップがいるので、日本人の心をがっちり掴めるのだ。

フィリピンは、良くも悪くも南国である。南国は、とにかく、アセアセしない。時間はいくらでもあるのだ。明日の事は明日考える。日本人は、そうは行かない。注文書を発行したら、注文完了は何時だ!を連発する。フィリピン人が一番不得意な部分だ。実際に起こった事だが、机を注文し、デリバリーして貰う事になった。土曜日の3時半までに届ける約束だ。5時頃、携帯電話がかかってくる。「オタクに3時半に行ったが、誰もいなかった。」という電話で、故に、「デリバリーは、月曜日になる」という事が、一方的に伝えられる。

「何故、3時半に家に着いた時に携帯に電話してくれないのだ?」から始まり、「ホントに来たのか?」と疑り、気分の悪い週末を過ごす事になる。所が、事実は、本当に家に来たのだが、我が家の電話(PLDT)がハングしていたらしく、呼び出し音はなっているが、誰もピックアップしない。ここで、一本、ご本人の携帯電話に連絡し、ご本人が家に連絡して、メイドが電話を取らない事を「自分で納得させる。」があると、納得感が上昇する。つまり、ちょっとした事なのだが、これが、なかなかフィリピン人に理解されないのだ。逆に、このポイントをしっかり守れば、お客様が腹を立てる事は無いのだ。わが社のフィリピン事務所はこの方法で、特に日系に歓迎されて売上を伸ばしている。

IMG_2605.JPG

フィリピンは良い所も沢山ある。栄養価の高い、アボカド、バナナ、マンゴ等の質の良いフルーツが低価格で売られている。アボカドの値段が結構安いなぁと女房に言った。僕が思っていた価格は一個だったのだが、1個じゃなくって、キログラム単位だったなんて事は日常で良くある。パパイヤ等は、そこら辺の家にごろごろ、転がっている。隣人からタダで貰えるフルーツだ。青い空、潮風、美しい海。

IMG_2594.jpg

物価も安い。フィリピンで老後を過ごせたら最高だ!と思い、ここに、家を購入した。香港から飛行時間2時間ちょい。朝出れば昼に着く距離。空港から家まで30分。つまり、香港空港に朝7時頃到着し、8時の飛行機に搭乗(遅れなければ)する。午前10時頃には、イミグレーションに並ぶ事が出来る。マクタン島の先っぽにある隠れ家まで、約30分。11時半頃には到着出来る。家族と昼飯が食べれるのだ。東京ー大阪くらいの感覚かなぁ?

ビジネスミーティングでセブに来ていた、TJ氏と一緒にSMの中にある電脳街みたいた所をさまよっていた。全面QWERTYキーボード付きのAndroid2.2のGalaxy Proが、展示されていた。早速購入。電池がほとんど充電されていなかったが、SMのフリーWIFIで、FEP等をダウンロードした。電池が無くなりかけると、RaiRaiKenなる中華料理屋さんで、焼きそばとか食べる間だに充電させてもらい、購入後、1時間程度で、取りあえずの日本語化が完了。

IMG_2702.jpg

インストールしたソフトは、Twitter、FaceBook、FourSquare、MoreLocale2、ArtIME、Shimeji、FlickWnn。一番迷った所は、日本語入力の部分で、ArtIMEを最初インストールした。日本語入力は出来るが、ソフトキーボードが画面に出てきて邪魔である。どうやって、外すのかがわからなかったので、あっさり、他の入力ソフトを続け様にインストールしてみた。

Shimeji、OpenWnn QWERTYもダメで、OpenWnnフリック対応が、Shift + Spaceで引っ込んでくれた。あまり深く追求していないので、私の設定に問題があるのかもしれない。どなたかお手数だが、ご教授願えれば有りがたい。しかし、OpenWnnフリック対応は、素晴らしく、特に、Shift+Spaceで英/日切り替えが出来る。何しろ解りやすい。

中文入力は、指でスクリーン上に漢字を書く入力方法、「DioPen ChineseIME」が最初からインストールされていた。これも使用して見た。ピンイン入力が出来ない私でも、指で簡体字を書けば簡単な中文が送信できる。これは、中国人との付き合いでは必須の物だ。アンドロイドの良い所は、Fepを入れれば、ほとんどの国の言葉で使用できる所であろう。

IMG_2697.jpg

外観は、NokiaのE61に似ている。勿論、この手の携帯は当然似てくる。しかし、重量は106gと軽い。iPhone4 140gとたかだか34gの差だが、妙に軽く感じた。iPad Touch 102gと4g差で、ほとんど同じに感じた。

重量とは対照的に、電池の持ちは朝8時から使い続け、翌日の午後4時頃電池を充電せよのメッセージが表示された。実際には夜寝る時にチャージすると考えれば、間違い無く一日はフルパワーで使う事が出来るのではないだろうか?設定とかSIMと同じ条件ではないが、iPhone4は電池の持ちが良くないと感じる。Galaxy Proは電池に関しては安心感がある。

Latitudeでは、同じ場所にいる筈なのに、違う場所が表示される。GPSの精度がイマイチなんだろうか?今、比較写真を撮ろうと、iPhone4のLatitudeを付けたら、当たり前だけど、同じ場所になっちゃった!

IMG_2690.jpg

DVDからmp4にコンバートしたVideoをMicroSDにコピーし、それを再生してみた。きちんと作動する。ひっかかり等が無いのが嬉しい。mp3も同様にMicroSDにコピーし、再生が可能だ。音質に関しては、香港に戻り、iPhone4と比較してみたいと思う。女房のHondaCRVに装着されている、カーステレオのAUXからの音は、悪くない。余談だが、イヤーフォーンを付けると、FMが聞ける。この南国で、現地のFMを聞きながら車を走らせていると、(バスターはビサイヤ語、タガログ語かすら判別できない)、言葉の内容はわからないが、とにかく癒される。

当分、香港とセブ島を行ったり来たりして、この南国の潮風を楽しむのだ!

アクセスバスター

不思議な食感油を使わないポテトチップス

報告者:アクセスバスター

電子レンジで作れるポテトチップスを作る器具が目についた。かなり前にウェブで紹介されたものだ。購入したかった。つい忘れてしまっていた。香港のスーパーマーケットの調理器具のコーナーで販売されていた。TJと購入してみた。

201105180106.jpg

セットには、ポテトをスライスする為のカッター、カットされたポテトを並べて、電子レンジで加熱する為の器具が入っていた。カッターの刃は結構良く切れる。僕は調理になれているという自信があったのに、小指を切ってしまった。

ポテトチップスを作るのは簡単だ。スライスしたポテトを、並べるだけだ。電子レンジで、高温で10分程度加熱すると下記のような感じになる。

IMG_1447.JPG

塩っ気が無いので、食塩を上から振りかけて食べた。食感としてはおせんべいのような感じだった。一度に作れる量は、小さいジャガイモ一つだ。カロリーを気にせず、スナックが食べれるのは嬉しい。説明書には、レンコン、カボチャでも、チップが作れるとの事。アレルギー対応食品としては素晴らしいと思う。

これに、唐揚げの粉をかけたり、チキンスープの素をかけたりして、味を変化させて楽しむのだ。